Home > 製品・サービス紹介 > 消臭装置 > マイクロゲル

マイクロゲル

消臭薬剤のパイオニア 超高分子化合物の消臭薬剤

特徴
  • 非常に高い消臭・脱臭・空気清浄化能力と対応用途の幅広さを持ち合わせています。
  • 多くの世界クラス企業の工場排気臭対策に導入されております。
  • お客様の臭気に合わせたご提案が可能です。
インデックス

マイクロゲルって何?

マイクロゲルを分子量で表すと、2000~3000万の超高分子化合物です。分子の大きさは数ミクロンで肉眼では見えませんが、水中ではゾル状、気中ではゲル状化合物として存在しています。
分子の大きさはアンモニアや硫化水素の50~150万倍で、マイクロゲルの原液は無色透明の粘性のある液体です。
炭素原子からなる直鎖性の配列構造をしており、その数百に連なっている炭素原子は糸まり状に絡まりあい、超微細孔をたくさん形成しています。


1kg入ボトルと20kg入
キュービテナー


200kg入ポリドラム缶(消臭剤はポリエステルパック詰め)

脱臭の原理

マイクロゲルの安全性

安全性の確認試験において、急性経口毒性試験(ラット)、急性経皮毒性試験(ラット)、眼球接触試験(ウサギ)、皮膚刺激試験、変異原性試験において、一切の毒性を示さないことを確認しました。

【財団法人日本食品分析センター】
魚に対する毒性試験において生物に対し毒性はきわめて低いと判定
【財団法人日本肥糧検定協会】
植物の発芽と生育に対する影響試験・土壌への環境蓄積性試験において植物に対する障害や環境への蓄積性も無しと判定

ページ上部へ

臭気別に対応可能

脱臭性能や特定の化学物質に対する反応性を、添加剤によって著しく変えることが可能です。
その技術によって、お客様の臭気に合わせて専用のマイクロゲル消臭剤をカスタマイズいたします。
これにより設備の省力化、省スペース化、ランニングコストの低減が一気に実現いたします。

あらゆる臭気に対応

脱臭装置のコンサルテーション

コンサルテーション

ページ上部へ

4種類の脱臭装置

1.スクラバー投入方式

一般的な手法として、水を用いたスクラバーで悪臭を処理する方法はよく用いられます。しかし、臭気成分濃度が濃いと、水だけではなかなか臭気が取れず、設置したはいいけれど全く問題が解決しなかったという結果になりがちです。弊社ではそのような水スクラバーに対し、臭気に合わせて選定されたマイクロゲルを投入することで数多くの問題を解決しています。

  • スクラバー投入方式は、イニシャルコストがかかりますが、マイクロゲルとの接触効率が良いため確実に脱臭できます。
  • 事前に臭気濃度・臭気質・風量・オーバーフロー量などを調査してマイクロゲルの合致テストを行い、マイクロゲルのカスタマイズと、ランニングコストをご提案出来ます。
  • ほとんどの場合、廃水処理は不要ですので、産廃費の節約にもなります。
 

2.ダクト内スプレー方式

従来の活性炭や燃焼法といった大型脱臭装置でしか対応出来なかった中濃度大風量の排気臭対策は、その高いイニシャルコストとランニングコストが装置導入の大きな妨げになっていました。
コストがかかり過ぎるため、対策を取りたくても取ることが出来ない企業も多く、一方でマスキング消臭剤やその他の安価な対策では苦情などの問題がなかなか解決出来ませんでした。

そういった問題点を解消するため、お客様の期待を一身に背負って登場したのが消臭剤スプレー脱臭装置です。臭気を伴うマスキング中和消臭剤ではなく、無臭の消臭剤マイクロゲルを排気ダクト内にスプレーし、臭気を大幅に減少します。
脱臭装置の導入にともなうファンの圧力損失がほとんどなく、排水処理量も少ないこの方式は発売以来、大好評をいただき、多くの産業工場で導入されました。

消臭剤スプレー脱臭装置の特徴

1.圧倒的な低イニシャルコスト

この脱臭装置の最も大きなメリットは安価な設備費用です。各燃焼方式や活性炭吸着方式に比べおよそ1/3~1/10のコストで設置が可能です。大風量になるほどその差が明らかになるため、局所排気が難しい製造工場関係で多く導入されています。

2.省スペースで軽量化

排気ダクト内を反応チャンバーとしているので、大型の構造物が無く、設置スペースをほとんど使用しません。また、重い重量物もほとんどありませんので工場屋上の耐荷重が増やせない場合でも導入可能です。

3.調整可能なランニングコスト

化学反応型の消臭剤を使用する場合、お客様の目的を満たす最小限の能力に調整することが可能です。また、電磁弁による操作でスプレーのON-OFFを切り替えることが可能なため、他の脱臭方式に比べて、非常に早い立ち上がり性能を持っております。そこで、風向風速計・時間・ニオイ監視システムを用いた多重制御を行うことで悪臭苦情が出やすい日のみ運転を行ったり、苦情が出にくい夜間はスプレーを停止したり、工程に合わせてスプレー量を制御するなど、お客様のご都合に合わせて、ランニングコストを必要最低限に抑えることが出来ます。

4.お客様の臭気に合わせた消臭剤を調合

化学反応型の消臭剤を使用する場合、お客様の目的を満たす最小限の能力に調整することが可能です。また、電磁弁の操作でスプレーのオン・オフを切り替えることが可能なため、他の脱臭方式に比べて、非常に早い立ち上がり性能を持っております。そこで、風向風速計・時間・ニオイ監視システムを用いた多重制御を行うことで悪臭苦情が出やすい日のみ運転を行ったり、苦情が出にくい夜間はスプレーを停止したり、工程に合わせてスプレー量を制御するなど、お客様のご都合に合わせて、ランニングコストを必要最低限に抑えることが出来ます。

5.PRTR法に対応した技術

PRTR法により規制されているVOCの排出抑制にも使用出来、またそれに伴ってVOC除去効果も得られます。

6.排水処理にも負担をかけない安全性

生分解性が高く、環境中に放出された場合は速やかに微生物によって分解されます。その為、そのまま大気中に放出が可能であり、排水処理にかかる余分な費用がかかりません。

ページ上部へ

3.室内空間スプレー方式

4.発生源に散布方式


製品・サービス



ページ上部へ