Home > 製品・サービス紹介 > 脱臭装置 > ゲルリッツ

ゲルリッツ

オゾンの力で清潔で安全な空間へ 高性能オゾン発生装置

特徴
  • においの分子を反応分解します。
  • 短時間でにおいを元から除去します。
  • 細菌の細胞膜に作用し、強力に殺菌します。
  • カビの発生もオゾンの殺菌力でシャットアウトします。
  • 最新鋭の高性能オゾン発生装置です。
インデックス

ゲルリッツR(Goerlitz-R)って何?

オゾン回収機能付きの小型の消臭機器です。
オゾンは、極めて反応性の高い物質で、脱臭・除菌に優れた効果を発揮します。

ゲルリッツは、そのオゾンの力を利用して、ホテルや旅館の客室、自動車などに染み込んだ嫌な臭いを短時間で強力に脱臭します。
また、カビや細菌などに対しても除菌効果があり、脱臭と同時に行なうことが可能です。
取扱いが簡単で、清潔に安全な空間を作り出すことを可能にしました。


オゾン回収機能を搭載

脱臭が終わると同時にオゾンを回収し、人体に影響がなくなる0.1ppm以下になるまで自動的にオゾンを回収するので換気の出来ないお部屋でもオゾンの嫌な臭いが残らず、完全に脱臭します。
さらに、この軽さでオゾン回収機能を搭載し、片手で楽々と持ち運びが出来る、コンパクト化を実現しました。

オゾン回収機能の比較データ

表


水洗いが可能になり半永久的に使用可能に

従来のオゾン発生器は、壊れやすい・オゾンが出なくなるなど、年数回の定期的なメンテナンスが必要でしたが、その問題点を解消しました。また、オゾン発生体には独自に開発したロータスジェネレーターを使用し、発生体の水洗いが可能になりました。
さらに、汚れや副生成物が付着しにくい構造となっており、3~6ヶ月に1度の簡単なお手入れのみで、オゾン濃度の低下を防ぎ、半永久的に使用することが出来ます。

水洗いが可能になり半永久的に使用可能に


4段階のオゾン濃度調整が可能

300/200/100/50mg/hrの4段階のオゾン濃度切替を搭載。
臭気の強さ、設置スペースの大きさによってオゾン濃度の調整が可能になりました。

※中モードの場合
お部屋のタイプ 規模 使用時間
シングルルーム 20m2 約20分
ダブル・ツインルーム 30m2 約30分
デラックスルーム 60m2 約40分
スイートルーム 100m2 約50分
会議室・宴会場 120m2 約60分
※上記はあくまで目安です。臭いの強さに応じて時間やオゾン発生量(弱・中・強)を切り替えて使用してください。
※オゾン回収時間に60~90分かかりますので、その間は入室されないようにご注意ください。
・価格はお問い合わせください

ページ上部へ

消臭の仕組み

オゾンとは?

オゾンとは、酸素原子が3つ集まったもので、O3と表します。
強い酸化力を持つのが特徴で、自然界にも存在します。
また、常温状態では、徐々に分解され酵素へと変化していきます。

オゾンとは


オゾンで脱臭

オゾンの酸化力は、有機物にも無機物にも有効です。
多くの臭気成分はオゾンとの反応性が高く、オゾンによって臭気が元から分解されます。
臭気を他の臭いで包み込みごまかす芳香剤とは違い、高い脱臭効果が得られます。

オゾンで脱臭


殺菌にもオゾンが有効

一般に、薬剤による殺菌の場合、細菌やウイルスの細胞の核に作用し殺菌します。
これでは、その薬剤に対する耐性を持った菌やウイルスが発生する恐れがあります。

殺菌にもオゾンが有効


使用例

ホテル客室の脱臭・除菌

ゲルリッツを部屋の中に持ち回り、客室を脱臭・除菌します。
写真のホテルは窓が開かず、換気が充分に出来ない為、従来のオゾン発生器では客室内にオゾン臭が残ってしまい、臭いが抜けるまで非常に時間がかかっていました。
しかし、ゲルリッツのオゾン回収機能により、オゾン臭が残らず、スムーズに脱臭を行うことが可能になりました。脱臭後はオゾン脱臭機を回収しますから、客室内には何も残しません。また、客室だけではなく宴会場や会議室の広間にも幅広く利用されています。

 

ホテル設置イメージ


自動車、エアコンの脱臭・除菌

自動車内やエアコン内部を、月に1度脱臭・除菌を行います。1台当たりの所要時間は、においの強さにもよりますが普通車で約20分、ワンボックス車で約30分です。
オゾン脱臭後、ドアを開いて10分程度換気を行えば脱臭完了です。

 

車設置イメージ


本体仕様


サイズ W321.5×D180×H220
オゾン発生量 500/300/125mg/h
重量 約3.5kg
オゾン回収機能 有り
電源 AC100V
消費電力 約38W
タイマー 1~60分/連続
適用範囲 120m2まで
メーカー保障 1年
ゲルリッツ



製品・サービス



ページ上部へ